>  > カバー出来るだけのポテンシャル

カバー出来るだけのポテンシャル

フリーでって思ったらよりによって貧乳。初対面の時から嫌な予感がしていたんです。いくら裸になっていないとはいえ、何となくおっぱいの大きさくらいは分かるじゃないですか。それであまり大きくはないだろうなって思ったら案の定の貧乳。いわゆるペチャパイ。どうしたものかなって思いましたよね(苦笑)でも彼女、貧乳の部分をカバーするだけのポテンシャルを持っている風俗嬢でもありました。貧乳となれば風俗嬢にとっては武器が一つ少ないようなものじゃないですか。だから余程のテクニックを持っていないと挽回できないだろう…とか勝手に思っていたんですけど、彼女はその「余程のテクニック」を持っている女の子だったんですよ。だから十分に楽しませてもらいました。丁寧さと大胆さを上手く使い分けてくれる子で、こちらの快感の段階に合わせることが出来るテクニシャン。微乳でも文句なしだなと思えるようなテクニックを味わうことが出来たんじゃないかなと。

彼女にタブーはない

この前の風俗嬢はプレイ云々よりもその話術が物凄く印象に残っています。なぜなら彼女、タブーがないというか、何でも話せる女の子だったんですよね。こういったタイプって珍しいというかあまり記憶にないというか(笑)他の風俗嬢だと初対面の時からいきなりなんで風俗嬢になったのかなんて聞きにくいじゃないですか。でも彼女、自分から風俗嬢になった理由まで語ってくれたんですよね。そこにびっくりしましたよ。だから他にもいろいろなことを離せました。他の子には聞けないようなことをたくさん聞くことが出来ただけでも彼女との時間はとても有意義なものになったんじゃないかなと思いますしね(笑)もちろんプレイの方もとても素晴らしいものでしたけど、話術の方がより印象に残っていますね。あんな話をされたらインパクト絶大。彼女とはまた会いたいですが、プレイをしてもらいたいというよりもむしろそういったぶっちゃけ話をしてもらいたいなと(笑)

[ 2017-01-04 ]

カテゴリ: 風俗体験談